monacoindの簡単な導入方法!

2018年9月29日

monacoindの簡単な導入

VPSの初期設定ができていない人はリンク先で最低限の設定を行ってください
ubuntu18.04のVPSを使う時に行う最低限の初期設定

環境

  • Conoha VPS
  • memory 512MB/ CPU 1 Core
  • SSD 20GB
  • Ubuntu 18.04(64bit)

とりあえずmonacoindをインストールする

以下のコマンドを任意のフォルダで実行すればOK

追記 最新版(2018/09/29)はmonacoin-0.16.3-x86_64-linux-gnu.tar.gz
monacoin-0.16.2-x86_64-linux-gnu.tar.gzを適宜置き換えること

monacoindの設定ファイルを作成する

$HOME/.monacoinフォルダを作成しておき、以下の内容のmonacoin.confを$HOME/.monacoinフォルダ内に作成する。

絶対にtxindex=1を忘れてはいけない(トランザクションの全調査などする場合に必要)
この手順をとばしてmonacoindを実行するとrpcに対するエラーが発生する

ファイヤーウォールの設定

以下のコマンドを実行

monacoindの起動

起動は以下の一行を実行すれば、以降ログアウトしても動き続ける。

monacoind -daemon

また以下の行を実行し、monacoindがP2Pの他ノードと接続されているか確認を行う。

monacoin-cli getblockcount

このコマンドを何度か試してみても0が返ってくるならば、他ノードとの接続は行われていないこととなる。その場合は、まずhttp://monacoin.trance-cat.com/nodes.phpへアクセスし既存のノードのIPとPort番号を入手する。
次に以下のコマンドを実行する。

monacoind-cli addnode [ip]:[port] add

例えばIP111.222.333.444、ポート番号56789ならば

monacoind-cli addnode 111.222.333.444:56789 add

となる。

接続後、
monacoin-cli getblockcount
を何度か実行するとブロック数が増えていく様子が分かるはず。

以上


記事の内容が役に立ちましたら
下記のボタンまたは「PAh4HSfQk3EMGTQcix8VWTyWxZjJw7jahK」へDonateをお願いします!