bitcoindのフルノードを建てる簡単な方法!

ビットコインのフルノードを建てる

めちゃくちゃ同期に時間がかかる上に、一歩間違えると最初からやり直しなのでサーバーのスペックに注意すること。

サーバースペック

  • Conoha VPS
  • memory 2GB/ CPU 4 Core
  • SSD 50GB
  • 外付けSSD 500GB
  • Ubuntu 18.04(64bit)

*絶対に500GBの外付けSSDを追加すること!!

VPSの初期設定ができていない人はリンク先で最低限の設定を行うこと。
ubuntu18.04のVPSを使う時に行う最低限の初期設定

bitcoind本体のインストール

sudo apt-add-repository ppa:bitcoin/bitcoin
sudo apt-get update
sudo apt-get install bitcoind

.bitcoinを作成する

ホームディレクトリ直下に.bitcoinフォルダを作成する。

mkdir .bitcoin

ここで外付けディスクを.bitcoinフォルダにマウントする
以下の記事を参考にマウント
ConoHa VPSでディスクを追加する方法!

bitcoin.confを作成する

cd .bitcoin
nano bitcoin.conf

このときbitcoin.confの中身は以下の通りにする。

rpcuser=hoge
rpcpassword=hogefuga
txindex=1
server=1
rpcallallow=127.0.0.1
rpcport=8332
port=10050

ファイアウォールの設定

sudo ufw allow 8332
sudo ufw allow 10050
sudo ufw enable

*ufwを初回利用ならばsshのポートもallowしておくこと

bitcoind起動

bitcoind -daemon

このコマンドを実行したあとはログアウトしてもbitcoindのプロセスは動き続ける。


記事の内容が役に立ちましたら
下記のボタンまたは「PAh4HSfQk3EMGTQcix8VWTyWxZjJw7jahK」へDonateをお願いします!